モテるリア充になりたい委員会

だってモテたいんだもの。

進化する、モテる男の条件とは

   

モテる男になりたい!!!

って思っていませんか?

いやーその気持ち、わかります。

世の中イケメンだけが得をするなんてさせてたまるか!というその反骨精神、いいと思います。

さてモテるオトコ、と一言で言っても、いったいどのようなオトコがモテるオトコなのでしょうか。

モテる男性というのは、その時代によって変わってきます。

って言っても江戸時代でモテるためには、ちょんまげをちょっと上に向けて!なんて書いても誰の役にも立ちません。

現代の日本で、女子から支持を集める男子の特徴というのを書いていきたいと思います。

女子によっても好みは多少違いますが、多くの女子から受けの良いのはただ3つの条件、それにつきます。

女子にモテるためには、その3つの条件を意識するだけで良いのです!

モテる男の条件

よく言われる清潔感があるとはなにか

女子受けするための必須条件と言って良い「清潔感」

他のスペックは言うことなしの男性でも、不潔な印象があるだけで女子は冷めてしまいますし、恋愛の対象から簡単に外れてしまいます。

たとえば、イケメンでもよく見てみると鼻毛が出ている人に女子は簡単に幻滅します。

逆にめっちゃかわいいアイドルの鼻毛がでてたら引きますよね。

そういうのが好きな一部のフェチな人以外はやっぱり清潔感は大事なのです。

そんな清潔感ですが、維持することは決して難しいことではありません。

鏡を見て、唇がガサガサになっていないかとか、無精ひげが伸びていないか、スーツにフケが落ちていないか、口臭や体臭がしていないかを気にしてみてください。

ポイントは、デートに行く前に必ず「明るい場所で全身を鏡で見ること」です。

これがめっちゃ大事。

暗い場所で見ると、服がよれてたりシミがあってもわかりません。

かならず明るい場所で確認するようにしてくださいね!

距離感命!女子に近づくのがうまい

モテる男性を見てみると、女性への近付き方が大変うまいことがわかります。

ぼくもこれはかなり気をつけてます。

一番重要なことは、「がっつかない&そっけなさ過ぎない」です。

がっつきすぎると女子はひきますし、逆にそっけなさ過ぎてモテるのは一部の超絶イケメンくらいです。

友達になれたらいいなー程度な雰囲気で、まったりするのがポイント。

そしてラインを交換して、そこそこ会話の盛り上がったところでごはんに誘うという流れがテンプレになります。

慣れてくれば結構簡単にいけますよー。

また、ラインの返信はできるだけすぐに返すことが大切です。

「暇なヤツだと思われないかな…」なんていう考えはモテない男の考えです。

極端な話、ヒマなヤツだと思われても良いんです。

それよりも、「すぐに返事を返してくれる人」だと思われることが大切。

すぐに返事を返すことで、デートのお誘いなどの機会損失をなくすことができますし、いつでもラインしていい人なんだ、と思ってもらえるようになります。

まめに会話をすることであなたへの女性の警戒心を解きほぐし、デートに持っていきましょう。

ラインの場合はスタンプの使い方がものすごく重要になってきます。

僕はつねに複数人の女子とラインしているのですが、その中でかわいいスタンプを使っている人がいたらそれと同じのを買うようにしてます笑

男性が使ってもまぁ許せるラインのかわいさで選ぶようにしてください!

安全なのは、「リラックマ」です。

会話力がある

近頃美人の女優さんやアナウンサーの人が、お笑い芸人と噂になることがしばしばありますね。

こういうのもなんですが、お笑い芸人さんの中には決してルックス的には…というケースも多いです。

でもモテるんですよね。

ていうか知り合いに聞いても、「お笑い芸人はだいたいチャラいし遊びまくってる」という話をよく聞きます。

なぜ見た目がダメなお笑い芸人がモテるかというと、「有名人っぽい」というのもありますが、「会話力がある」というのが一番のポイントです。

女性との会話を盛り上げて、楽しいひとときを作る、こういったところに女性は心地よさを感じで芸人さんとお付き合いするパターンは少なくありません。

ただしゃべりまくればいいのか!というとそうではありません。

話術によっぽど自信のある芸人さんならいざ知らず、素人がヘタにベラベラ話をしても女性のテンションを下げるだけです。

むしろ女子は「自分の話を聞いてほしい」という人が多いです。

そこで大事なのは、徹底して聞き役になることです。

ぼくはラインの通話で、「あーわかるー」「それなー」「え、ヤバい」の3つの返しだけで3時間乗り切ったことがあります。

女の子にかぎらず、人というのは誰かに話しを聞いてもらいたがるものです。

営業の上手い人も、トークよりも聞くことが成約に結びつくって言ってました。

逆にしてはいけない会話は、

  • 過去の武勇伝(昔はおれも悪くて…的な)
  • 仕事のディープな話(専門用語がわからないし相手は興味ない)
  • 相手が興味なさそうな趣味の話(鉄道模型の話をして興味をもってくれる女子は少ない)

キャバクラとかではこういった話をしても、「えーすごーい!」なんて言ってもらえますが、あれはただの営業です。

逆にモテようと思うのであれば、キャバクラは行ってはいけません。

キャバクラでトークの練習をしても、相手の反応が仕事モードなのでなかなか上達には結びつかないのです。

それどころかヘタなトークに自信をもってしまい、デートで喋ってたら撃沈した、なんてことにも…。

モテる男の条件まとめ

まとめると、「清潔感」「距離感」「会話力」の3つが大切というお話でした。

これがしっかりできていれば、フツメン程度でもかなりモテモテになることができます。

しかもフツメンだって、超絶美女とお付き合いすることだってできるのです。

そのためには、「出会い」「タイミング」というのが追加で必要になってきますが、これはまぁある程度、運の要素が強くなってきます。

とりあえずは最初の3つのポイントを抑えておくようにすれば、平均レベルの女子からはモテモテ間違いなしですよ!!

 - モテる知識