だってモテたいんだもの。

モテるリア充になりたい委員会

モテる知識

彼女を怒らせた時の"ピンチをチャンス”にする方法

更新日:

  • この記事を書いた人

タグチ

初体験が18才という遅さゆえ、20代から遊びまくる日々を過ごす。 30代になった今も、異性と2人で遊ぶ予定は常に入っています。 外見はフツメン、トークで乗り切るタイプw 経験人数は60人程度ですが、ボク自身のモテスペックが高くない分、参考になりやすいと思います!

ついつい何気ない一言で彼女を怒らせてしまったり、約束をすっぽかしたりして怒らせちゃうことってありますよね。

謝るタイミングを逃してしまったり、謝ったのに許してもらえなかったり…。

ケンカが長引くと、お互い意地の張り合いになりやすく、最悪別れてしまうこともあります。

そうならないためにも、逆に「彼女を怒らせてからの、より愛が深まるパターン」に持っていく方法をあなたに伝授したいと思います!

彼女を怒らせた時にゼッタイやってはいけないこと

まずは最初に、一番やってはいけないパターンを書いていきます。

これだとピンチをチャンスにするどころか、ピンチがさらにピンチになるだけなので気をつけましょう。

相手を見ないで謝る

彼女が怒ってるから、とりあえず謝っとこう…でもムカつくからぜんぜん別な方向を向いて謝ろう。

これは一番やってはいけない謝り方です。

心理学的に相手を見ないというのは、「興味が無い」「なにも聞きたくない」というメッセージになってしまうからです。

相手からすると、謝らないのよりもムッとするパターンです。

相手を小馬鹿にして謝る

まったくくだらないことで怒っちゃって…「あー、わかったわかった。ごめんねー^^」

こんな感じで相手を小馬鹿にしながら謝るのもやってはいけません。

心理学的に相手を見下すのは「自分の優位性を誇示したいから」です。

おれはお前より偉いんだぞ!という態度で謝ったって、そりゃいい結果にはなりませんよね。

こんな謝り方をしてはダメなのです。

なにか別なことをしながら謝る

ついついやりがちなのがこれ。

ゲームがいいところなのに彼女が怒り出してそのままゲームをしつつ「あーごめんごめん」って言っちゃうときってありますよね。

これも「全然わかってくれてないじゃん!」と相手をさらに激怒させることに繋がります。

一番怖いのは、彼女が怒ることではなくて恋に冷めること

彼女がなんか怒ってるんだけど、めんどくさいな…って思うときもあるかも知れません。

しかし、怒ってる状態はまだマシな状態です。

マズイのは、彼女が怒るのを通り越して恋に冷めてしまうこと。

女性はいったん恋が冷めると、いままでのことが一切なかったかのようにドライに振る舞います。

これは怖いですよ…。

怒ってるうちはセーフなので、この間に相手の機嫌をマイナスからプラスにしていきましょう。

彼女を怒らせた時のピンチをチャンスに変える対処法

とりあえずできるだけ早めに謝る

謝るのが遅くなればなるほど、別れの危機が大きくなります。

とりあえず怒らせたらすぐに真剣に謝りましょう。

早ければ早いほど効果があります。

そして謝るときはラインや電話ではなく、必ず会ってる状態で直に謝るのがポイントです。

もう二度と同じことで怒らせないと納得させる

何回も同じことで怒られると、そのうちほんとに彼女に愛想を尽かされるかも知れません。

相手もそれは気にしているはずなので、「◯◯を傷つけてごめん。もうこんなことは二度としないから」と相手の目を見てまっすぐに言いましょう。

相手の怒ってる理由がわからないときは、価値観が違うとき

たまに、「なんでこんなに怒ってるんだろう…?」と相手の怒ってるポイントがわからないときがあります。

こういうときは、そもそも彼女とあなたの価値観が違っているときなので、慎重にお互いの言い分を言い合う必要があります。

大切なのは「自分がこう思ってるから絶対に自分の意見が正しいはず」と思い込まないこと。

人それぞれ、価値観もそれぞれということを認めることができるのが器の大きい男というものです。

怒ってるときは、甘いものをあげよう

人間だれしも、糖分を取ると機嫌がよくなります。

普段買わないようなちょっとお高めのケーキやクレープ(ハーブスがおすすめ)をプレゼントすると、相手の気持ちも和らぎます。

ポイントは、

  • ちゃんと誠意をもって謝ってから買う
  • 2つ買って、お互いのをはんぶんこしてシェアしながら食べる
  • 相手の好みのスイーツを買う

この3つです。

やっちゃダメなのは「あーあ、怒らせちゃったから、ケーキでも買って機嫌とるかー」という態度がミエミエになること。

あくまでも謝るのが一番大切で、スイーツはその援護射撃だと思いましょう。

なるべく一緒にいて、相手を好きなだけ甘えさせる

スイーツを食べて2人の雰囲気がだいぶ良くなってきたら、相手となるべく一緒にいて甘えさせるようにしてください。

彼女に媚びるようなボディタッチはウザがられてしまいますが、自然なボディタッチは相手の心を落ち着けて癒やす効果があります。

室温も「くっついてる状態で快適な温度」に設定しておくとなお良しです。

グズグズ言い訳をしない

言い訳をすると、大抵の場合は逆効果です。

なにか理由がある場合は、謝った後で言うようにしましょう。

彼女の興奮が収まらない場合は、その場から一旦離れる

彼女があまりにもおこで、鬼のようになっている場合は逃げましょう。

逃げるが勝ちです。

ヒートアップした時はなにを言ってもムダなので、ちょっと熱が冷めてからまた謝りましょう。

タイミングが難しいので、そこはうまいこと見極めてください。

ゆっくりと静かに誠意をもって謝る

彼女が意外にも怒りまくった時は、ついつい焦って早口で謝ってしまいますが、それは間違いです。

ゆっくりと静かに話すことで、相手の気分も落ち着く効果があるので、なるべくスローリーに謝ってください。

ただし、あまりにもゆっくりすぎるしゃべり方だと、バカにしてるのと勘違いされるので注意です。

相手の目を見て、同じ位置で謝る

相手の目をみて喋ることは、意思を伝える上で非常に重要です。

間違っても、高い位置から見下しながら謝らないようにしましょう。

謝るときは、相手を拒否しているボディランゲージに注意!

謝っているのに、なぜか気持ちが伝わらない…というときは、ボディランゲージが間違っているのかもしれません。

謝っている時にしてはいけないボディランゲージ

  • 腕を組む
  • そわそわして落ち着きが無い
  • 肩をいからす
  • 顔をしかめる
  • 目つきが落ち着きない
  • 疑いっぽい目をする

これらに当てはまっていると、相手には謝っているように見えないかもしれません。

自然とクセでやっちゃっていないか、改めて確認してみてください。

怒った彼女が別れを切り出すときの兆候

急にそっけなくなる

いままでと雰囲気が変わって、急にそっけない態度をあなたに取るようになったらかなりヤバい状態まで来てると思ってください。

あなたの反応を期待してスネてるわけではなく、愛想をつかしている可能性が大です。

こうなったらなるべく早く手を打たないと、取り返しのつかないことになります。

彼女からの連絡が激減する

別れたい相手、どうでもいい相手には連絡が激減します。

そしてたいていの場合、ほかの異性との連絡が増えるんですよね…(そっちでグチを言ったりとか)。

彼女の心が完全に離れていってしまう前に、まずはちゃんと2人で会って話す場を作るようにしてください。

一番やっちゃダメなのは、「別な異性と連絡してたのを怒ること」です。

これをやると彼女はさらに気持ちが冷めていくので、もしあなた以外と連絡を頻繁にとってたとしても怒らないようにしましょう。

逆に「◯◯を傷つけたせでそんな思いさせてたんだよね…ごめん」と自分から謝るくらいのほうがうまくいきます。

笑顔が減って、スマホばかり見るようになる

表情は、どれだけポーカーフェイスがうまい人でも一緒にいる時間が長いと本心がどうしても現れてきます。

あなたといて笑顔が減ってるときは、あなたに興味がない状態になっているということ。

さらにスマホを見る時間が長くなるということは、「あなたと一緒にいる時間がつまらない」と言ってるようなものです。

この状態でスマホを取り上げたりすると完璧に別れるフラグがたつのでゼッタイにしてはいけません。

彼女を怒らせて別れそうなときは、ディズニーランドに行こう

一緒にいるときの雰囲気がもうすでによそよそしくなってしまった…。

そんなときの一番良い対処法は、ディズニーランドなどのデートスポットに行って一緒に遊ぶことです。

あそこならとりあえずテンションは上がるので、ちょっと気まずくなったときに挽回する場としてピッタリ!

ショーレストランの事前予約をしておくなどすると、さらに効果的です。

ディズニー公式:ショーレストランの予約について

彼女を怒らせたときの対処法まとめ

一番大切なことは、彼女に対して「誠実に謝って、アフターフォローをしっかりとやる」ことです。

アフターフォロー次第では、彼女が怒るまえよりもさらにあなたのことが好きになることだってあります。

上記で書いたことを実践できていれば、きっと彼女は許してくれるはず!(そして2人の仲はより強固になっていくはず)

ぜひ試して見てください!(`・ω・´)ゞ

-モテる知識
-

Copyright© モテるリア充になりたい委員会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.